カードローン審査比較ガイダンス│即日最短でお金を借りるなら

ローンを利用するならカードローン!!カードローンについての理解を深めよう!!

手元のお金が足りない場合、金融機関のローンの利用を検討される方も多いでしょう。
ローンといっても、その種類はたくさんありますので、自分の目的などに応じた使い分けが重要になってきます。

住宅購入の資金であれば、住宅ローン。
子供の教育資金であれば教育ローン。
車購入の資金であればカーローン。

このようにローンの名称を見てみると、その用途も想像できるのではないでしょうか。
しかし中には、お金を借りる目的が限定されていないローンもいくつか提供されています。
その代表が「カードローン」と呼ばれるものです

○カードローンの意味

カードローンとは、銀行や消費者金融などの金融機関が提供する個人向け小口融資の商品をいいます。
「個人向け」とありますが、中には法人の事業資金のための「事業性カードローン」も商品化されています。
「小口」とありますが、その金額は数百万円から、多い商品で数千万円借入することも可能です。
参照元:年収の何割くらいまでカードローン限度額で融資可能?

これまでは「カードローン」というと銀行の個人向け小口融資というイメージが強くありました。
しかし最近では消費者金融をはじめとする金融業者も商品を提供し、中にはIT企業まで参入している、競争が激しくなっている融資分野でもあります。

「カードローン」はその名の通り、借入専用のカードを利用します。
審査に合格すると専用カードが発行され、そのカードをATMやCDに投入し、現金を引き出し(=借入
します。
ちなみにATMとは「現金自動受払機」のことで、現金の入金・出金の両方を取り扱うことができます。
一方、CDとは「現金自動支払機」のことで、現金の出金しか取り扱うことができません

また最近では、融資金を指定した金融機関の預金口座に振り込むことを可能とするカードローンも登場しています。
わざわざ店頭やATMなどに赴く必要がなく、電話やインターネットで手続き依頼を行うと、早ければ瞬時に振込が完了します。
通常は振込手数料は無料ですので、安心して利用することができるようになっています。

一般的なカードローンは「無担保・無保証」です。
利用申込時に担保を提供したり、保証人を立てる必要はありません。
逆にいえば担保や保証人に頼った借入はできないということです。
借入時の審査においても、利用者本人の返済能力を問われることになります。
ただし、大型カードローンや事業性カードローンなどでは「有担保・有保証人型」の商品も提供されています。

カードローンには、借入可能な「借入限度額」が設定されます。
「借入限度額」の範囲内であれば、いつでも自由に追加で借入することができるのが、カードローンの最大の特徴です。
例えば借入限度額100万円のカードローンを契約して、同時に100万円つまり借入限度額いっぱいの現金を引き出ししたとします。
その後毎月の返済により、借入残高が80万円まで減った場合、借入限度額の空き枠は20万円です。
この20万円については、基本的にいつでも自由に借入として利用することができます。
このように借入と返済を繰り返していくのが、カードローンの利用方法です。

②カードローンとフリーローンの違い

カードローンと比較されるローン商品に「フリーローン」があります。
中にはこの2つを同じ種類のローンとして紹介しているサイトなどもありますが、これは大きな間違いです。
両者とも銀行などの金融機関が提供する個人向け融資商品ですが、性質的には異なる商品です。

カードローンと異なり、フリーローンは何度も追加借入することはできません。
契約後、借入を利用した後は、完済するまで返済を続けていく必要があります。
追加で融資を受ける場合には、再度申し込みを行い審査に合格する必要があります。
契約方式もカードローンが「当座貸越契約」であるのに対し、フリーローンは「証書貸付契約」です。

「フリー」という名称からお金の使い道は自由と考えますが、実際には申し込み時に「何に使うのか」を指定する必要があります。
また借入後は、指定した目的に確かに利用したという証明(例えば商品代金の領収証など)を金融機関側に提出する必要があります。
この点も、借入したお金はある程度利用者の裁量で自由に使うことができるカードローンと異なります。

その分フリーローンはカードローンに比較すると、金利が低い傾向にあります。
自由度という面ではカードローンに比べて低いかもしれませんが、利用者側としてはそれぞれの商品特徴をよく理解して使いわけしていくようにしましょう。

③カードローンとキャッシングの違い

カードローンと同じ融資商品として扱われることも多いのが「キャッシング」です。
こちらも同じ融資商品として紹介しているサイトが多くありますが、厳密にいえばこの2つも異なる性質を持っています。
どちらも金融機関が提供する個人向け小口融資なのですが、返済方法に大きな違いがあります。

カードローンは基本的に分割返済です。
借りたお金は、毎月の返済日に利息を合わせてすこしづつ返済していきます。

一方キャッシングは一括返済が基本です。
借りたお金は、翌月に利息を合わせて全額返済します。

しかし最近ではこの2つの差が非常にあいまいになっています。
「キャッシング」と呼ばれる商品でも、分割返済が可能になっており、「カードローン」でも翌月一括返済が可能になっています。
「キャッシングは金利が高く、カードローンは金利が低い」というイメージもありますが、現実には金利による差もほとんどありません。
利用者側としては名称の違いにとらわれることなく、その商品の特徴をよく理解して使い分ける必要があるでしょう。

④カードローン利用時の注意点

カードローンを一枚保有していると、いざという時のピンチに非常にありがたい存在となります。
急な冠婚葬祭、飲み会の誘いなどで手元のお金が不足する場合に、カードローンは非常に役立つのではないでしょうか。
一方、カードローンはあくまでも「借金」です。
便利な反面、使い方を間違えると大変なことになるかもしれません。

○何度も利用できる→借入額が増えてしまう。

カードローンは借入限度額の範囲内であれば、自由に何度でも借入することができます。
何度でも利用できますので、つい借りすぎてしまうこともあるでしょう。
簡単に利用することができるということは、その分借入額が増えてしまう可能性も高いということです。
絶対に必要金額以上の借入は控えるようにしましょう。

○自由に引き出すことができる→自分の預金口座のような錯覚に陥る

ATMやCDからお金を引き出すことで、借入を行うのがカードローンです。
簡単に引き出すことができますので、利用を続けていくと、自分の預金口座からキャッシュカードを利用してお金を引き出しているという錯覚に陥る危険性もあります。
そうなると、借入残高も増えてしまい、すぐに借入限度額いっぱいになってしまうでしょう。
カードローンを利用することは「借金」であることを常に意識しておきましょう

○毎月返済額が少ない→なかなか借入残高が減らない

最近のカードローンは、返済方式に「残高スライドリボルビング払い」を導入しています。
借入残高に応じて毎月の残高が段階的にスライドしていきますので、毎月の返済額を最低限に抑えることもできます。
その分返済期間が長期化し、なかなか借入残高が減らない可能性もあります。
返済期間が長期化するということは、その分利息支払い負担が大きくなるということです。
カードローンで借入した後は、繰上返済を利用するなどして、なるべく早く完済することを目指しましょう。

銀行をはじめとする金融機関は、個人融資の目玉としてカードローンの提供に注力しています。
金利などの条件も、非常に魅力ある商品ラインアップとなっています。
ただし、カードローンも「借金」のひとつですので、計画的な利用が大切です。
利用上の注意点もよく理解したうえで、便利なカードローンを使いこなすようにしましょう。